今年1年を振り返って【下半期】

0

    みなさんこんにちは(^^)

     

     

    上半期編はご覧になられましたでしょうか?

     

    ご覧になられていない方はまた手すきの時にでも見てくださいね♪

     

     

    さっそく続きですが7月です

     

    まずはこちら

     

     

     

     

    本当は6月に開催予定の「磯祭りIN山口光大会」

     

    当初の予定日は現地まで行ったものの、予想以上の「雷」に英断撤収。ポイント間近まで行ってからのUターンとなり、大雨の中とりあえず抽選大会だけして帰ってきました(^^;

     

    出船時も雨はひどかったので「カメラ大丈夫ですか?」なんて気遣いもいただきましたが…そこは仕事。「行くだけ行きます!」とは言ったものの、行ってたらどうなっていたのかはわかりません(笑)

     

    で、仕切り直し。仕切り直しでは撮影の構成も変わり「模擬トーナメント」で行いました。やはり全国屈指のトーナメンター密集エリアという事もありますので「やっぱすげーなぁ」の一言でありました♪

     

     

    そして翌日は「YAIBA ROD WOLF  PINK SPESIAL」の動画撮影♪

     

     

     

     

    ピンク色がトレードカラーでラッキーカラーでもある「ピンク小松」こと、小松和伸さんと光市からぐるっとしまなみ経由で宇和島へ…

     

    私は動画撮影でホテルに泊まる際、何が面倒かと申しますと「各機器の充電」なんです。特に撮影が続きますと部屋に戻ってからある程度は起きてないと充電出来たバッテリーを外してまた別のバッテリーを充電という最低限の作業があるんですよねぇ。かといってバッテリ−1個に充電器1個なんて贅沢出来ませんし(^^;

     

    ちなみに充電しながら使えない私の使っているミラーレス1眼のバッテリーは全部で5個…3個同時に充電は出来るのですが、やっぱり一度に全部充電出来るようにするか、バッテリーを買い足すか悩んでおります(どっちに転んでも互換バッテリー等は使わざるをえないのでそんなに高くはないのですが)

    当然モバイルバッテリー(20000mAクラス3個)で充電出来るものはそれ相応に準備してますが…充電場所が磯だとそんなに効率よく使い分けって出来ないので日々悩んでおります(笑)

     

    ちなみにいつも持って行くUSB充電器は合計8口分、マイタコ足延長ケーブルは必須です(笑)

     

    USBケーブルは山のようにあります(^^;

     

    そんな訳で翌日も寝不足(2日で3時間睡眠 汗)の上、初の一眼投入に多少の不安もありましたが、厳しい環境にもかかわらず小松さんもキッチリ結果を出され、感動の1匹は終始撮れていましたが時間の都合でカットしたものの…カメラマンの私的にも奇跡的な撮影でした♪

     

    奇跡ではなく必然にしないといけないんですけどね(^^;

     

    そして燃え尽きた私は誰よりも早く寝落ちし…合流地点の広島県内まで記憶はない状態(笑)

     

    さらに「ふっか〜つ!」といってハンドルを握り、最寄りの高速入り口でETC入れ忘れの刑に処されました(^^;

     

    甘えっぱなしですいませんでしたm(_ _)m

     

     

     

     

    あとは連盟の上部団体(兵庫県釣団体協議会)の活動の一つ「つり指導員」

     

    週末に活動するつり指導員…私は休みが不定なので「交代要員」として申請せざるをえない立場の為、特にこの日という入れ方はシーズンも終わる頃しか無理なのですが、この日はお世話になっている方が当番と法事が重なったとの事で仕事を調整して代打出動。指導員と言っても初心者メインに魚の顔を見てもらうべく説明したりするくらいですが、とりあえずミッション完了。ですが1ヶ月くらい後に交代したその方と顔を合わせ「最近なにやってんの?」と言われた私はつり指導員に同行した嫁さんもその場にいた為、顔を見合わせ「なにやってんの?ってないわなぁ」でした。訪問先が公社の行事なので変更があれば代打は誰それが行くという申し送りをする事くらいは知ってるはずなのに(事務局経由で代打を見つけるとはいえ)とイジけながらその場を後にしました(- -)

     

    と、言いながら、つり指導員では昼食などを配慮してもらうのですが…私は嫁さんと行く為、先方ではお世話にならず弁当を持って行ったりするのですが、その日は嫁さんのボーナスで帰る途中に「特鰻丼」をご馳走になったのでありました♪ 

     

    仕事してたらなかったと思います(笑)

     

     

     

    そして8月

     

     

     

    今回のオフショアマガジンは「ヒトツテンヤ五目」ということでそれこそ釣りビジョンの「見よう見まね」でやってみたりしましたが…どうしてもウキフカセの癖でアタッた時に「送り込む」動作が出てしまい、同行皆さんをドン引きさせてしまったようでしたが、もっと軽い仕掛けを沈め探りしたり(基本あんまりしませんが)はしますので、その甲斐あってなんとか五目達成できました♪

     

    レンタルボートの釣りもマイペースな釣りが出来るので非常に面白いですね(^^)

     

     

     

     

     

    そしてこちらの釣り大会。私はこちらの理事ということで行政に名を届けてはいるものの、中途採用みたいなものですので特段偉いという訳でもなければそんな空気でもない、そんでもって理事長の性格もあって助成金なんてものは受け付けないスタイルですので貧乏なNPO団体ではございますが、賛同してくださる企業さんや団体、そして会員から成り立つ組織は得意分野を最大限に生かしながら障害者と健常者の橋渡し的な活動を行っております♪

     

    そんな背景ですので我々会員も交通費すら出ないやり方に何の違和感もなく手伝いに行くのですが、私は高校生の時、ダラダラしておりましたので部活単位がないと卒業できないと言われ、仕方なく入部した「社研部」で楽しようと幽霊部員化しておりました。ですが最低限の活動には参加させられますので、金髪のリーゼントパーマで養護学校の同級生たちの元へ行く羽目に(汗)

    そこでは照れ隠ししか出来ないような私に障害を持つ同級生らが私の頭でもてあそび、どうする事も出来なかったのですが、本人たちは普段触れるような事の無い髪の毛に大はしゃぎ…こんな場所で何もすることが無い、何も出来ないと思っていた私は「こんな自分でも障害者の人達を喜ばす事が出来るもんなんやぁ」というのは今だから言えるような照れくさい話でございますが、そのような経験も手伝ってか、こちらの活動においても何ら抵抗なくやっております。

     

    とはいえ動画でもお伝えしている通り、10年間の活動を振り返り…当初の参加者の中には成人になった子も出て来だすと運営も色々考えながらやっていかないとという感も否めなく、ひとまず仕切ろうという事になりました。我々が率先してやるという事にはさして変わり無いところかも知れませんが、この活動を経験した子供達が先生役として釣り、そして漁港の清掃活動を手伝ってくれるような輪が出来れば、この活動もさらに視野を拡大して動いていけるかなぁと思っております。

     

     

     

     

     

     

     

     

    そしてこちらは私が所属している兵庫県釣連盟初の試みで行ったBBQの動画ではなくスライドショーです(^^)

     

    体力的に厳しくなってくると磯釣りメインから船釣メインへとシフトする先輩達も多く、そうなると顔を合わせるのも年始の総会のみとなってしまいます。それではという事、そして普段釣りばっかりしている旦那衆も我々の団体活動の中で家族サービス行い、さらにどういう人達と活動しているのかというのも知ってもらうのにも良いだろうと企画されました。

     

    実際には若い方達だけで行った(真夏、さらには午後からだったので)形となってしまいましたが、釣りだけだと中の人達でさえ顔を合わす事が無いような環境しか無いのであれば、いくら釣り団体とはいえ、それこそ色んな形で顔を合わす機会の1回や2回くらいあってもいいと思ってます♪

     

    ちなみにこのBBQとNPOの海上釣り堀大会が同日でダブルヘッダーとなった私はヘロヘロになりました(^^;

     

     

     

     

     

    そしてこちらは飾磨渡船さんで行った大会に便乗し「嫁さんに釣らせよう!」という事で石井(兄)さんと一緒に家島へ…私はそこまでの計画という考えも無かったのですが、せっかくなのでお受けいたしました。そして飾磨渡船さんの立場もあれど、石井(兄)さんの普通の映像なら比較的見れる環境は整っておりますから、私がカメラを構えるからには他とは違う、もっと砕けた石井さんを撮った方が面白いだろうという点、そして釣れなくともそれはそれでそれなりの画も撮れるだろうという事で場所も変わらず撮りました。結果悲しい釣果となりましたが…魚は他の選手が持ってくるのは分かっていた事ですし、嫁さんも一応大会にはエントリーしてたようで、ある程度正々堂々と戦い、さらには飛び賞をゲットしましたので…変に我々だけ場所を変わって好釣果→上位入賞なんて事になった日にゃ、逆に申し訳ないというか、釣りの競技としては有り得ない域かと思いますし(^^;

     

     

    ちなみに私がお届けする動画の中で、この動画に初めて「低い評価」が付きました(笑)

     

     

     

    9月はというと…

     

     

     

     

    チームヤイバ関西 全支部合同 第1回懇親釣り大会を行い、翌月に控える「ファイナルステージ」の打ち合わせも兼ねての釣り。

     

    ただ今回は台風とのにらめっこで「無理かなぁ〜」と思っていたのですが「やりますよ〜」との事。となると尾鷲でも湾内での釣りになる事は間違いなし。湾内だとグレのサイズも厳しいかなと思った私はグレを捨て、チヌやマダイを釣ろうと一生懸命頑張りました♪

     

    ですが思うようにはいきません。当たり前っちゃ当たり前ですけどね(笑)

     

    という事で、同礁された方が小さいグレを釣られましたので「やっぱ小さそうだけど何もないより全然良い」という事で私もシフトし、とりあえず検量に持ち込んで最低限の結果だけは残して面目だけ保てば来た甲斐もあったもんだという事でひとまずリミット達成。グレ狙いで釣りをしたのが2〜3時間程でしたのでサイズアップしたグレを入れ替え入れ替えなんて事もあまり出来ませんでしたが、最後にチヌが釣れ「何やってんだか」と思いつつも…結果は2位でした。こんな事ならとは思いましたが、本気でやっていてもさして変わりないか、下手すりゃそれ以下になってた事なんていうのはアルアルでしょうから、これはこれで良かったと思いました♪

     

     

    ※顔が半泣きなのは後悔しているからではありません。念のため(笑)

     

     

     

     

     

    それからこちら♪

     

    私も初めてこの話を聞いた時は驚きましたが、かと言って素人がカラオケ感覚で歌うという事ではありませんから「面白い・やってみよう」的な発想でも「本物」かと思いますのでカッコ良く言うと「新たな試み」だと思います♪

    他では全く聞かない話という事ではないかも知れませんが、モノ創りが好きな私はこのようなモノを創る事に携われ、とても嬉しく思います(^^)

     

    釣りという共通した趣味。しかしながら普段は別々バラバラな者たちがいざモノを創ろうとした時の可能性は想像以上なのかもしれませんね♪

     

     

     

    そんでもって10月

     

    磯釣りシーズンに入ろうかという10月は何かとバタバタな月でございました(^^;

    前半は打ち合わせやレイアウト作り等の表に見えにくい作業でそんなにという感覚でございましたが…後半は鬼のスケジュールとなりました。

     

     

     

     

    まずはこちらのオフショアマガジンですが、今回は予定が変更になったりで月末に控えた「ファイナルステージ」で使用する審判用のウェアーですとか、選手用に配られるエサバッカンに選手のネームを入れる作業もモノが日本に入るのが開催1週間前という事前通告に、計算こそしますが「選手の気持ちを考えると徹夜してでもやりますよ!」といって徹夜作業しました(笑) でもホントに自分が逆の立場で施工側のさじ加減レベルでダメになったとなれば…せっかくの全国大会へのモチベーションも下がるってもんですから。と、そこまでは説明しませんでしたが、釣りビジョンさんへも「多少雑になるかもしれません」と申し出ると「大丈夫です!フォローさせていただきます♪」という事で、新参者の言う事ではないと承知しながらも、こちらも遊びでやっている訳ではございませんから先の事まで考え、伝えた上で取材してきました(^^)

     

    太刀魚はいつ食べても美味しいですね♪

     

     

     

     

    そしてこちらの「貴愛」さん。

     

    最近は当店のSNS等も使ってピックアップしておりますので今ここでこの方は…なんて書かなくてもこのブログの記事を2、3巻き戻しすればそれなりにご紹介しておりますのでそちらを見てもらえればと思いますが、こちらも仕事ならばそちらも仕事。趣味でやっている訳ではございませんのでお互いプラスに直結しなければ意味も半減ということが前提なアプローチをしての関係でございます。趣味感覚でやる気や思いつきだけでは動きにくい環境もありますが、リンク出来るところはリンクして、応援出来るところは応援しつつ、彼女がもう一つ二つ上へと登って行ってくれたら嬉しいですね♪

     

    新年早々ライブもありますので、気になる方は当店のショップページからtwitter等をチェックしてくださいね♪

     

     

     

     

     

    お次はこちらの【Raychell レイチェル】さん

     

    なぜこちらのブログにというのはこれまた記事を2、3巻戻せば分かるかと思いますので割愛しますが、きっかけとなったtwitter…当店のtwitterは半分死んでいるようなものでしたのでこういうのを機にそれなりにやってみたりしているのですが、当店のSNS代表格はfacebookページですので、更新頻度の早いtwitterは当店にとってそれほど重要ではないかもですが、上記のお二人も然り、当店というか私も一人で幾つものアカウントを管理・運営しておりますと訳分かんなくなる中、各々のスタイルでファンサービスに力を入れている感は見習うべきところが沢山あり、たまに絡ませていただくのですが、ヒネリにヒネリを加えて絡む場合は一応一報を入れての画像使用などはさせて頂いておりますが、Raychellさんに対しては「大人の女性」という勝手な位置づけで多少踏み込んだコメントをしたりしておりますが、おそらく空気は読んで頂いてくれているかと勝手に思っております(^^;

     

     

    で…

     

     

     

     

    これじゃ意味もイマイチですので

     

     

     

     

    そんなレイチェルさんが神戸にも来るようです♪

     

    私も行ってみようと思います(^^)

     

    気付けば仕事か釣りかのような日々を送ってきた私…当然舞台やミュージカルなどというものには行く事もなけりゃ興味も出なかったというのが実際の話で、今年もそうですが…来年もいい年こいて初物体験な年になればそれはそれで刺激的な年になりそうな気がします♪

     

     

    ※この動画は前回のレイチェルさんのキャストコメントです

     

    公式サイトレイチェルさんのブログを見る限りでは前回とは様子も違い、楽しみですね♪

     

     

     

     

     

    そして10月の末ではありますが…当店的にはやっぱりこれでしょう!

     

    そうです【ヤイバ磯祭り 全国決勝ファイナルステージ】です♪

     

    こちらの方もつい先日動画をアップしたという事もありますので当店周りではそれなりにチェックされた方も多数いらっしゃるかと思いますが、今回は特に長い動画です。年末年始のヒマつぶしのお手伝いはできるくらいのレベルですので、是非チェックしてくださいね♪

     

    年末年始は本気でヒマという方は磯祭り動画シリーズも併せてチェックしてください(^^)

     

    また、これも先日の記事にも書いたりしておりますが、私はカメラが趣味という人ではない為、動画全盛期となりつつある今では色んなスタイルの動画があり、当店もどう撮影していけば当店テイストを出してそれなりの映像を作れるかなぁと思いながら日々過ごしております。当然今ではドローンなどを使っての撮影なんてのは誰もが知るところなのですが、私も例に埋もれず依頼元さんなどともドローンな話をする機会はあれど「まぁ、あれはお金と撮影時間に余裕があれば程度でしょうかねぇ…」実際に飛ばして釣り人を撮影した日にゃ「うるさい!邪魔」てなもんですし…ボートや潜水艦スタイルも良いけど凪の日限定になるだろうし…特に今年はイベントを撮影する機会が多く、カメラ有りきというスタイルではない為、そのような思いに偏りがちになるのも理解してますが…ひとまずはタモでも使い、また違うアングルの撮影でもやってみながら…また考えよう(笑) なんて思っております♪

     

    タモまで出そうものなら…いよいよ釣り人とカメラマンとの区別がなくなってしまう機材運搬道具と見た目になってしまうという話です(笑)

     

    ちなみに水回りへ撮影機材を持って行くのには「ハードクーラー」俗に言う「クーラーボックス」が最強だと思いますよ♪

    耐水性に耐衝撃性はもちろん、夏場は保冷剤等をシビアに管理できる方であれば灼熱の車内保存となってしまう場合でも温度管理ができます(^^)

     

    ただ確実に普通の移動には使いにくいですけど(笑)

     

    それからやっぱり「編集技術」ですね。これは頑張るしかないのですが…私も本格的に編集に取り組んでまだ1年。自分で言うのもアレなのですが、センスは別にしてまだまだ伸びシロはあると思います。今後の映像作品にもご期待ください♪

     

     

     

    11月はどうだったかと申しますと

     

     

     

     

    毎年恒例の「少年少女海づり大会」

     

    今年で15回となりますが、実際には連盟所属の老舗クラブ「神戸磯釣クラブ」で行っていたこの大会。その頃から数えると何十年という歴史を持つ(ちなみにこのクラブは60年程の歴史があると思います)大会でございますので、参加人数から協賛企業・団体の数まで、連盟行事の中では一番の規模となっております。

     

    今年は同場所で「つり指導員」とダブルブッキングでしたので、その傍らでチョロっと撮っていたのですが、この大会は地元の釣り番組のカメラも入ってきますので、基本動画は撮っておりません。

     

    スライドショーもそれはそれで良いと思いますし♪

     

    ちなみにBBQのスライドショーは画的に「飯食うだけの動画は作りにくい、そして私も食べたい」というのがスライドショーになった理由です(笑)

     

     

     

     

    そしてこちらの大会…私は春に釣ったチヌがパンチを効かせ、年間ペナントレースのトップにいたのでそれなりに気合だけは入れて臨みましたが…いざ磯に上がると同じクラブの者同士という事で気合もどこかに行ってしまってサクッと撃沈。と思っていたのですが、後に2位で食い下がったという結果を聞き、小さなガッツポーズでした♪

     

     

     

     

    こちらはその3日後のお話でございますが、先日、私は置いといてそれなりに良い釣果だった沼島ですから気合と期待はMAXです♪

     

    ところがどっこい、風や波で上がる磯も限られていたとはいえ、その辺の条件は悪くなかったものの、やはり自然が相手…魚も命がけで捕食してきますし、毎回大漁なら飽きも来るでしょうからこういう時があってもそれはそれでというところではありますが、3日前の釣果を目の当たりにしてますので…辛かったです(ファイナルステージ動画内の田畑さん風)

     

    とりあえず次も楽しくやりましょう!

     

     

     

    そしていよいよ12月

     

    12月に入れば忘年会もあったりで何かとバタバタかつ「今年も終わり」という空気も漂う中、竿は出しました♪

     

     

     

     

    こちらは本編鋭意制作準備中(笑)の兵庫県釣連盟「チャンピオン戦」の完全なるネタ系動画です♪

     

    参加選手は皆さん一生懸命釣りを行っていたのはもちろんなのですが、気心も知れた中での試合ですので私のわがままにも付き合って頂いたという感じでしょうか♪

     

    先日まで限定的な公開となってましたのでまだ見てない方もいらっしゃると思いますが、この動画だけでも出てくる釣り人は釣りが上手な方達ばかりなんですよ♪

     

    本編公開まではまだ時間がかかると思いますし、カメラを回すのも決勝戦がメインですから中途半端な動画になるやも知れませんが…私も選手兼で撮影しておりますのでご容赦くださいませ(^^;

     

     

     

     

     

     

    あとはですね…不完全燃焼だった私は我慢出来ず。という訳ではなく、軽く手を手術した嫁さんがいい加減どこも行っていなければ竿も出してないという事で「釣りに連れてけ〜どっか連れてけ〜」としつこかったのでちょくちょく行く淡路へ行ってきました♪

     

    事前情報ではイージーかつ楽しい釣りが出来るという事で行ったものの…寒暖の「暖」にあたってエサ盗りも元気元気で嫁は苦戦(^^;

     

    遠投してコマセもドンピシャに合わせればそれなりのは食ってきますので「年内最後くらいは小マシなの釣っとけ!」という事で必殺「二人羽織釣法」で釣ってもらうも術後数ヶ月経っても負担が大きかったのか、帰りは「イタイイタイ」と嘆いてましたので…もう少し様子を見て釣りしないと、お互い「歳」ですから(笑)

     

    残念なのは釣り人のマナー問題でむやみやたらに場所を公開出来ないという事。最近も神戸港の一部が「釣り禁止」となったり「閉鎖」になったりと悪いニュースばかり。私もこれまで色々な経験をしてきました。ゴミなんてのは自分が出したゴミだけ持ってかえりゃとかく言われることもなければ、ペットのフンは綺麗に持ち帰ってるのになんて考えると…どうなんでしょうねぇ(^^;

     

    場所の公開については出す方も悪けりゃ、場所を明かさない空気を読まず写真を見ては知ったかぶって場所当てゲームみたいな感じでコメントしたりとどっちもどっちではあると思いますが、私も色々経験してきましたね。今想えば…

     

    私も個人ブログから引き継ぐ形で今に至りますが、その間約10年となります。その間それなりに配慮しても上記のような事もあったりする中で、悲しい事ばかり書いても仕方ありませんから…面白かったエピソードと言えば、いつも行ってた場所にマイクロバスで来てた団体さんがいて「マジっすか!」と皆で”キョトン”となったり、空いてるのに真横で竿を出す子供たちは…そこがポイントだと思ったんでしょう。しかし釣れるのはこちらばかりで気付けばその子たちの親が来て躍起に…子供が相手ならいくら勘違いな行動を起こしても仕方ない。でも大人が相手ならという事で「いっちょやったるか♪」と、嫁さんに竿を置かせ、ボコボコに釣って早仕舞い。その後その親子達は何をどう思ったかは知りませんが、釣りをする時間は十分に残っていたのでそれなりな事に気付いてくれたら良いとは思うものの…帰りの車内では「1回2回で理解出来たら苦労せんわなぁ。君(嫁さん)なんか今でも理解出来てないもんなぁ(笑)」「うるさいわ!そんな事ばかり言ってたら晩飯作らへんよ!」

     

    それからエピソード違いにはなりますが、私も駆け出しの頃は色々やっては周囲からよく笑われたもんです(笑)

     

    今ではメジャーな「練りエサ」ですが、まだ生ミック位しか無い頃…ひとたびクラブのグレ釣り例会に持って行った日にゃ「チヌ釣るの?」ですとか「虫エサ使うの?」などと言われ、結構いじられました(^^;

     

    今はどうでしょうか?

     

    さすがに磯で虫エサを使う事も無いですが、私がよく神戸のベイエリアで釣りをしていた頃、電気ウキを使った夜釣りでの事。チヌ・ハネ狙いでたまたまグレが食ってきました。でもなぜか普通に流しても食ってこない。けど誘いをかければ必ず食ってくる。その確率100%…これは何かあるんだろうと今に至りますが、虫エサはともかく、今となってはオキアミはもちろん、練りエサに剥き身にその使い方から仕上げ方まで…小バカには出来ませんよねぇ(^^)

     

    私の周りでも「変わった人」は多いですから…いろんなエサを研究している人に教わったことを自分の過去にリンクさせ「こうやった方が良いかな?」なんて試しながらテキメンな結果が出た日には小さなガッツポーズならぬ「ガッツポーズ」もんでした♪

     

     

    とはいえもう冬の海…そんな釣りで楽しむのも半年間のお預けです(^^;

     

     

     

     

     

    そして最後(今の所)はビッグフィッシングのスタジオ見学♪

     

    なぜスタジオ見学に至ったのかと申しますと…それはあまりにも他愛もない、ついでになるのかという内容なので言いませんが、それはそれ、これはこれという事でしっかり見学させてもらいました(^^)

     

    私もビッグフィッシングさんではちら映りした事もあれば、今となっては番組制作担当者さんと竿を出したりする機会もありますし、番組自身はほぼ最初(多分友達に聞いて2回目くらいからだったと思う)から見てますので「こんばんは。つちやよしおです」と、土屋嘉男さんを知らなかった私は「なんて感情のないおっさんなんや」と思いながらも、子供の頃は毎週食い入るように見てましたので、そんな事を思い出しながら見学しておりました♪

     

     

    こんばんは♪ 潮目ダイレクトショッピングの時間です(笑)

     

     

    で、私はスタジオの端で制作担当者さんや出番待ちのアシスタントさんとご挨拶〜ちょこちょこっとお話させて頂きつつ、今井さんが出番を終えて横に座ればまたご挨拶したりと、気付けば声のボリュームも大きくなるというテンションに自分を抑えつつという感じでした。

     

     

     

     

     

    オール阪神さんや門脇佳奈子さんはそれこそバッタバッタしてましたので会釈程度のご挨拶ではありましたが、アシスタントの涼宮菜月さん、私の横で出番待ちをしていた背景からご挨拶、そして軽くお話もさせて頂いたのですが、テレビで見るより綺麗というのは月並みではありますが、テレビで見る大人しいイメージとは少し違い、結構自分からしゃべるような性格のようで、私も若い女性ときゃっきゃやってたら後で嫁さんにいびられますのでそれなりに大人しくしておりましたが…彼女のtwitterを覗けばそのような面も垣間見れると思いますよ♪

     

    そしてこの時の模様がこの後22時〜オンエアーとなります。皆さんも年内最後のビッグフィッシング、ぜひチェックしてくださいね(^^)

     

     

    とまぁ、こんな感じで今年も終わろうとしております。

     

    当店にとって来年がどんな年になるかは私自身も全くもって分からないのでありますが…いかなる形であれ、釣り人のモチベーションアップが出来ればと思っております♪

     

     

    ではみなさん、良いお年をお迎えくださいませ(^^)