マルチクリエイター?

0

    みなさんこんにちは(^^)

     

    つい先日「あなたは何屋さん?」という会話に「何でも屋ですかねぇ…カッコ良く言うと、マルチクリエイターってところでしょうか?一応釣具も扱ってますよ的な商売ですね(笑)」と答えました(^^;

     

    とはいえ「釣り人へのモチベーションアップ」という筋は通しているつもりです。とは付け加えさせていただきました(^^)

     

    ですが体は一つ…限界点もすぐですので只今業務内容の整理を行っている最中でございます。

     

    ひとまず「持ち込み施工」につきましては納期等のご理解をいただけない場合、ご依頼をお断りする場合がございますのでご理解賜りたい所存でございますm(_ _)m

     

    っていうか、実際にはすでにお詫びしてお断りする事もしばしばございまして(^^;

     

    当店的には一人でやっている以上、何かと制限はかかるものの…納期とコストはgive&takeという視点があるのですが、思い通りにはいきませんね(^^)

    材料を長期にわたって寝かせておくといざという時にはダメになってその都度材料を取り寄せていては赤字だったり…事細かくデザインや施工指示を頂くものの、それが全て口頭説明だけだったり注残状況まで予測できない方、さらには現実離れしがちな案件等、色々あるわけでございます(^^;

     

    この調子でやっていきますと、わたくし「正義の味方」になれそうな気がします(笑)

     

    とまぁ、そんなこともあれば半ば水面下的に行っているような「大口施工」や「単発でも当店の引き出しで出来るそれなりの施工もの」そして「撮影関係」のお仕事の幅を広げつつ、その傍らで何とかエンドユーザーとなるお客様への個別対応をなるべく現実的なコストでご提供できる基礎の作り直しを図っております。ということです(^^)

     

    と言いながらこちらの方もワンマンで行いますので色々ありますが(^^;

     

    ご理解くださいませm(_ _)m

     

    そのような背景の中、今年は年明けから何かと「撮影絡み」のお仕事をさせていただいているのですが…先月はシーズンということもありまして、若干半泣きでした(笑)

     

     

    まずはこちら、釣りビジョンさんのウェブサイトにて公開されております「オフショアマガジン」

     

    最新号になるこちらの取材、お天気や諸々で取材日が10月22日となった訳なのですが、その翌週にはヤイバ磯祭り決勝「ファイナルステージ」の撮影を控えつつ、こちらの大会で使う選手用バッカンへの名入れ施工用バッカンが当店に到着したのが21日、最低でも大会前日には現地着、オフショアマガジンの原稿は11月1日(毎月1日と15日の夕方更新となっております)号の予定ですのでファイナルステージへの準備や移動もありますからリミットは4・5日くらい…

     

    関係各所の皆様へは「こちらも気合で乗り切りますのでフォロー頂ければ助かりますm(_ _)m」とお詫びをしつつ、ご理解も頂きながらのまずは「オフショアマガジン」です♪

     

    ぜひチェックしてくださいね(^^)

     

     

    そしてこちらはファイナルステージでの一コマ。画像は「ヤイバーXフェイスブックページ」よりお借りしました。後日チェックした際に「あぁ、ここまでアップされていたんだ」と思いながらよく見ると私が激写されてました(笑)

     

    こちらの方の動画は只今鋭意制作中です。今しばらくお待ちくださいm(_ _)m

     

     

     

     

    ちなみにこれが当日使用した撮影システム(ショルダーリグ)ですが…1日目の朝にこけてぶっ壊れました(笑)

     

    とりあえずすぐに復旧できるようにはしておいたと言いますか、基本手製の改造しまくりなのが現場対応に役立ったのは以前修理屋さんをしていたおかげでした(^^;

    ちなみに現場へは最低限の工具も持ってってます(笑)

    といっても照明を取り付けるステーが割れただけ、そしてすでに夜明けして今度はすぐにレンズへフィルターを付けないと白飛びしてしまうようなくらいの晴天でしたので差し支えもなかったという話なのですが…

     

    ちなみに帰ってきてから割れた部分を改造、メタルにチェンジしてエポキシで補強…いい感じになりました♪

    (これが1500円程の割れた部品に追加部品や諸々合計2000円もしないレベルのものにここまでするのがどうなのかは人それぞれの感覚かと思いますが)

     

    そしてなぜ手製や物の値段の割にテコ入れ修正するのかと申しますとですね…本当に使いたい物がなかなか無いのと、欲しかったり…はたまた妥協するには高すぎる(5万10万当たり前、数十万も普通な感覚)のでございます(^^;

     

     

    こちらはシステム5さん(何気に当店でシステム5さんのカレンダーを見た方は「何のお店?」と思っていたことかと思いますが、こういうお店です)から拝借した画像ですが、こちらのお値段…200000円ほどです…欲しい(笑)

     

     

    上のショルダーリグは汎用でまだ拡張できますが、それにつけるこちらの専用品は全て合体すると見た目もスマートで良いのですが…カメラが変わってしまうと使えない、もしくはジャストフィットしないとなってくると…普通の人はこの値段でも躊躇しますよね(笑)

    ちなみにこちらの商品…私のように本体拡張でバッテリーグリップを装着しますと取り付けできません…

     

    ※iPhone7Plusで撮影(ポートレートモード)

     

    ですがこちらの会社、パーツをバラ売りしてますので…出来る方はそっちに走りますよね(^^;

     

     

     

    自作ですと屋内や普通のイベント会場などではこんな感じの「ベースステーション」的な感じになったり…

    ちなみにタブレットは一眼カメラの「リモートコントロール兼モニター用」です。

     

     

    さらに手持ち優先にしてフットワークをよくしてみたり…

     

    まぁ、今はピンキリで似たようなものでも安価なものもありますし、身の丈に合うもので十分かと思いますが、私もお仕事でやっている以上、金は無いですけど最低限のプライドや、端から見られても依頼元さんに演者さんが撮影機材を見られただけで舐められてしまったり、トーンダウンしてしまう…そんな無駄な感情を生み出したくないというのもあり、私がそれなりに得意としている物作りをこちら方面にスライドさせている訳でございます(^^)

     

    とはいえプロの中でもカメラにまつわる機材話では「改造・カスタム」はよくある話のようで、皆さん「創意工夫」と言って楽しんでらっしゃるようです♪

     

    実は私、面倒なのでまだやってませんが…各機材にロゴ入れなんてお手の物ですから、こんな無骨な撮影機材でも「カッコ良くし過ぎ!」なんて事も出来る訳でございます(^^)

     

    ちなみにカメラやマイクが複数ついてあるのは「バックアップ」がメインです。特に私の場合は夜から昼間にかけての撮影がつきもの、そしてその撮影が一発ものですので…今までの経験からこのようになりました(^^;

     

    そして上の画像の最終手持ちスタイル、フットワーク優先仕様ですがマイクを別物にしているのにも理由があり、それなりにいい音で入力されます。電源オンだけだとこのマイクを通してカメラに入力、そしてマイクの方の録音スイッチを押すとこのマイク本体にも録音、それと同時にマイク内でもボリュームを下げたバックアップ(ボリューム設定ミス用、小さければ上げれるが、音が割れてしまうようなものは後で調整できない)も同時作成。そして何よりもズーム時にもろ音質が変わる(外部マイクを使っても本体入力だとその音も入力されてしまう。動画なのでパワーズームは必須。そしてレンズは限られ打開策も無い感じ)為、音声別撮りは止むを得ないというところです。

     

    実は編集ソフトで「音声一発同期」ができますので…別撮りでもそんなに苦労しないんですけどね(^^;

     

    ※それならハンディカムでいいじゃん…ここがツボどころで「アイフォンやアクションカムもあるのにズーム機能だけでハンディカム?」それなら操作は難しいが今時なら一眼動画に挑戦でしょう !的な感覚です(^^)

     

    そしてこのマイク…本気でやればさらには4発の拡張キャノン端子(先端のマイクを外せばMAX6発)があり、さらに各々の音を個別にファイル保存しますので、1発ものの現場ではトラブル時に潰しがききます♪

     

    少しややこしいですね(^^;

     

    この辺になってきますと釣りからの延長としては「そんなの知らんわ」という感覚になるかと思いますが、これを釣具に例えてみてください…その時その場へ持っていく釣具のチョイスとさほど変わらない感覚かと思います(^^)

     

    あとはこの時に撮影したデータ量…250G以上です(^^;

    やばくなりそうだったのでMacBook Proと外付けポータブルHDD(2TB)も持って行きました。

     

    まぁ、機材話はキリも無いのでこれくらいにしまして…

     

    さらに先週末は兵庫県釣連盟主催の「第15回少年少女海づり大会」兼、釣指導員(土日連チャン 汗)

    掘り下げますと、前日は指導員(7:00〜11:00)で終わってから仕事、少年少女海づり大会当日の1時に帰宅でした(^^:

     

     

    ちなみにこの写真、当初は連盟会員がお仕事をしていたり、参加者が案内をされている場を撮影するのが本来の内容…そこへ写真右の山田会長が割り込んできてポーズ。私「山田さん、違います(- -)」ということでその場は済んだと思ったのですが、私が呼ばれて振り向くと3人に増え、満面の笑み(笑)

     

    「大々的に載せてよ!」と言われましたが本来の掲載場所ではちょっと違いますのでこちらに掲載させていただきます(^^)

     

    まぁ、兵庫県釣連盟のホームページもこちらも写真の大きさに制限がありますので「大々的に」掲載できないのでございますが、この画像も「ライトルーム」で手直ししておりますよ。って言っても写真に写っている皆さまにはわからないと思いますが(^^;

     

    そんなこんなの2週間でございましたのでバタバタしていたわけでございますが、撮影系はオフショアマガジンも更新され、少年少女海づり大会(これは個人活動ですし、内容もお仕事レベルではありませんのでただ単に関連作業が続いただけなのですが)の方も写真の厳選に手直し、掲載しきれない写真はスライドショーにまとめましたし、とりあえずはファイナルステージの動画制作に没頭する予定です(^^)

     

    と書けばそれなりに楽しくワイワイといった感じではございますが、オフショアマガジンではそれなりに駄目出しをいただいたり(やっぱりプロ目線は凄い)ファイナルステージでは私もフル装備で挑み、1人での撮影(磯のような変わった環境)においてどのように立ち回ればいいのか…ですとか、いろいろ考えさせられることも多々ありました。そんな裏側的な内容(機材含む)や、出しても差し支えがないような裏話、それを私が説明ができる事くらいのレベルではありますが、そういった内容の動画は当店の動画サブチャンネル「しおめでぃあ」にて勝手に更新していく予定ですので施工や撮影等、そんな内容にご興味がある方は適当に覗いてみてください。たまに更新しております(^^)

    メインチャンネルの方は主に「作ったもの」を公開、掲載していく内容がメインとなっていく予定です(^^)

     

    今までは動画の掲載というだけで半ばその為だけのユーチューブアカウントでやっておりましたが、一応お仕事でも動画をやりだしたという事もあり、アカウント自身をビジネスアカウント、そして線引きもあった方が良いと思いつつサブチャンネルも公にしました。

    まぁ、やってる事に変わりがないのとビジネスアカウントと個人アカウントで何が違うのかもわかってないのであれなのですが…一応お仕事としてやっている最低限のマナーといったところです(^^;

     

    最後に、そんな感じで出入りが激しい環境が続いておりますので、ご連絡等は当店の「LINE@」をご利用して頂けますと助かります♪

     

    宜しくお願い申し上げますm(_ _)m